« 夏バテちゅう | トップページ

2012年7月31日 (火)

トクホのビール、発売しないかしら

こんにちは。ジャスティン・ビーバーの義理の姉です。毎日暑いですね。

3年ぶりにaccessのライブに行ってきました。In中野サンプラザ。彼らは毎年、夏にサンプラザでライブします。
娘を夫に放り投げて行って来ました。

ということで夏祭りだったんですが、山手線に乗るのさえ久しぶりで、渋谷で乗り換えでキレイでオシャレなおねえちゃんがたくさんいて世界がまぶしかったです。

で、中野に到着。accessのファン層は同年代だし相変わらずファン層はコミケ会場と違わぬ雰囲気だしで、なんかこう、興奮しつつも落ち着く中野。

で、今回access20周年ツアーなんです。
あたし、20年も同じ人のこと好きなんて彼らだけですよ。
しかし20年もたつと、やってるほうも見てるほうも高齢化が進んでいるもので

★ 開演17:30と、年寄りには嬉しい早め開演
★ なんと本編終わったのが19:30(その後アンコール2回で、会場を後にしたのが20:30。飲んで帰れる時間帯。)
★ 会場前で迷子の呼び出し(子連れ世代の増加)
★ 公演中の休憩が長い

等々、つっこみどこがいろいろ多くて相変わらず面白かったです。

見てる私たちが30代ならやってる彼らは40代。壮年です。きっと寝起きの加齢臭だってお口の粘つきだってあるだろうに、
永遠の妖精・私の大ちゃん(浅倉大介)は半ズボンに網タイツでガーターベルトでした。これで変態じゃなかったらむしろ怒る。
大ちゃんの隣にいるから、HIRO(貴水博之)はまだ常識人だと思ってたけど、こんな大ちゃんと20年も一緒にいられるHIROも相当人間がすごく出来てるか、やっぱりイッてる方なのかどちらかだと思いました。

個人的には、HIROに田中芳樹先生からお花が届いていていたのに興奮しました。
(田中芳樹先生・・・HIROが舞台をやった「銀河英雄伝説」の原作者。HIROのオーベルシュタイン、今更やっぱり見たくなってきた。)

登場したとき、なつかしの「ACCESSⅡ」時代の衣装で出てきました。まさしく19年くらい前の衣装。
ひどいんですよ。ピンクとブルーの、オスカルとアンドレみたいな衣装なんです。私、当時中学生だったために、その衣装で歌い踊る彼らは島根のかたすみでVHSでしか見たことなかったです。
それを19年後にナマで見られるとは!
もう興奮して感動して、マジで失禁しそうになったのですが、失禁は老化現象でなく感動のためだと信じたいです。

|

« 夏バテちゅう | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087159/46528059

この記事へのトラックバック一覧です: トクホのビール、発売しないかしら:

« 夏バテちゅう | トップページ