« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

エヴァンゲリヲン・破 見てますなう

テレビでエヴァ新劇場版・破の放映を見ながら雑誌「VERY」を読みながらコーヒーを飲むという夢のような時間を過ごしています。
カッコイイなぁ~弐号機カッコいいなぁ~
もういちいち、戦闘シーンだのシトだのカッコイイっすよ。
正直、内容やっぱり意味わからんけど。

そんな時間が過ごせているのも、娘ッコがまたも風邪っぴきで今週会社3日休んだから。。。(クビんなるぞ)
会社休むと、やっぱり家事できる時間が増えるもんで、こうやって雑誌読んでアニメ見てゆっくりするという時間が持てます。

ところで雑誌VERYは相変わらずキレッキレの雑誌です(セレブママ雑誌)。

雑誌内のコピーは・・・
「堂珍さん(ママ憧れのモデル・堂珍敦子様)の学校コンサバ、とは・・・
ミラノマダムをお手本に『ちょい悪コンサバ』を目指したい」

意ー味ーわーかーらーんー。

エヴァも意味わからん。
エヴァもVERYもどちらも「なんかカッコイイけど意味わからん。」

VERYでは井川遥がエッセイを連載しています。
私と結構同じタイミングで娘さんを産んでいます。
そもそもこの雑誌、まったく読んだことなかったのに、私の通っていた産院に置いてあって、「なんだこの自分の中にまったくなかった冗談みたいなセレブママ観は!」と思って読み始めた雑誌だったんですよ。
その時から井川遥、妊娠中のエッセイも書いてて。
で、出産後はまたVERYで子育てエッセイを書いてて。
井川遥の娘さんのほうが数ヶ月お姉さんなんだけど、なんだか同じようなタイミングでの出産・育児なので井川遥に超勝手に親近感。
わぁー井川遥も働くママ、こんなことで悩んだり喜んだりしてるんだー私も私も。
勝手にシンパシー。

どうもこんばんは、井川遥です。
パン・パパパパン♪

今度は娘の冷えピタに「肉」を描いてみました。
順序的には、邪眼より先に肉だろうな、と最近気づきました。
井川遥は娘さんの冷えピタに何を描くんだろう。
20110823190308

どんどん娘の顔が妖怪的になっていきます。あとどんどんアゴが出てきます。
娘の寝顔があまりに水木しげるロードでびびった。
井川遥の娘さんは妖怪顔ではないんだろうな。。。
20110811133223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

アンバランスなKiss

子持ちのヲタクは一度でもこれをやったことがあるに違いない

我が子で

「邪眼の力をなめるなよ!」

20110810142755
(冷えピタにラクガキ)

娘ッコ、お熱です。
暑さも最盛期になると熱を出し、雨続きやなんかでちょっと涼しくなると熱を出し、また残暑が厳しくなると熱を出し。乳幼児の宿命だな。つらいだろうががんばってくれたまへ。
まぁご本人、熱があるにも拘わらず、ゴハンおかわり要求してましたが。

絵本を読んでいるときのこと。
絵本に出てくる犬や猫に、「ワンワンは?」「にゃあにゃは?」と聞くと、犬や猫を指差します。
ネズミが出てきたので、「チューは?」と聞くと
絵本のネズミに顔を近づけてブッチューとキッスを!ベーゼを!
おおお「チュー=キッス」という認識なんですか!?
ウチでチュー教えてないのに!保育園で覚えてきたか!

ということで早速ちょっと興奮ぎみに
くるみ:「母さんにチューは?」
と聞くと、絵本を持って私の顔に近づけ、チューさせようとする娘ッコ。
くるみ:「ウンウン、じゃぁさ、母ちゃんにチューしてください。」
とお願いすると、
思いっきり頭をブンブン振って拒否されました。。。
その後何度も土下座せんばかりにお願いしたんですけど、毎度頭振って拒否され。
こちらからブッチューと連続チューをかました後に(少々嫌がられつつ)、
くるみ:「さあ!次は娘ッコが母ちゃんにチューしてください!」とお願いしたら、
ようやく チュッ とフレンチチューをしてくれた後、逃げられました。。。
な、
なにその
ツンデレ仕様のチューは

そんなことがあった次の朝、
また母から「チューしてください」とお願いしても拒否られるので、
くるみ:「じゃぁ父ちゃんにチューしてくる?」と聞いたら、
トコトコ歩いて父ちゃんところに行き、
背伸びしてチューしてました。。。

人を選んで。。。
チューをしてるんですか。。。。。。

娘が親の知らないところでチューを覚えてきてたことと、
母には簡単に唇を許してくれないことに
衝撃を覚えた夏でした。

保育園でも。。。人を選んでチューしてるんだろうか。。。
1歳児のクセにぃぃぃぃ!
母ちゃんはこの33年間ずっと人を選んでる余裕なんかなかったんだからな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »